pooちゃんず diary 時々yurika

愛するぷーちゃんずとあれこれ

ゆりあちゃんの肌荒れ日誌


先日、ちょっとゆりあちゃんの体の点検を怠ってしまい、3.4日ぶりに見たら
とんでも無い酷いことが起きてました( ;  ; )

f:id:smile2poo-y:20160118041503j:image

f:id:smile2poo-y:20160118044622j:image

わあ……これは…ひどい!…( ;  ; )
本当に…ごめんね…ごめんね…と
何度も何度も謝りながら…
慌てて、こんな症状の時用に
アタフタしながら、急いでお薬作りました。

赤みが出た時に、気がつかないでいると
こんな風に、赤い盛り上がった膿皮症になりそうな、湿疹が、ぶわぁ!!…と広がっちゃったりしますが、ここまで酷くなったのは久々で

ちゃんと見てあげてなかった事に、かなり凹みました( ;  ; )

赤紫に盛り上がって、部分的に血が滲んだように真っ赤になって
幾つも、幾つも、膿皮症になり始めた
お肌が広がっていました(>_<)

普段は、肌に赤みが出たり、フケが出たり
何かしらトラブルが出たら、直ぐにケアローション、ケアジェル、ケアクリーム…と症状に合わせて、使い分けながら
メンテナンスしてあげれば、何も起こらずに済んでいるのに…。

ちょっと忙しさもあったり、ゆりあちゃんの様子も安定していたりして、油断してしまいました。
急いで、ケアローションを作って、体全体に馴染ませて、そして、酷い幹部にはケアクリームを満遍なく塗布しました。

🌸ケアローション
f:id:smile2poo-y:20160118041851j:image
ケアローションはこんな感じの半透明の液体で、体の広範囲にスプレーして体に馴染ませられるようにサラッとした液体です。
サラッとしてても、適度に保湿もあり
様々な症状に合わせて、アロマの精油の配合や比率を変えることで、用途や症状に合わせて作ります。
主に、軽度の広範囲の肌荒れに向いています。
日頃のお手入れに、塗布するのもokですし
何かしらの症状がある時用に作って、使用するのもありです。

今回の中身は、かなり可哀想な思いさせちゃったので、ゆりあちゃんの今の症状に合わせて、日頃つけているものと、処方を変えて作り直しました。

🌸ケアクリーム《ゆりたん仕様》
f:id:smile2poo-y:20160118042952j:image
通常のモイスチャークリーム《A》タイプの
トロトロよりも、更にもっと液体に近い状態のクリームに作り変えました。

これによって、今回のような酷い部分が10センチ程度の広がりを持ってる時に
よく伸びて、塗布しやすくなりました。

ローションとクリームの両方に
副作用の心配の無い天然抗生剤と抗菌と
肌細胞を活性化し免疫力アップさせる効果を持つ精油を配合しました。

ローションとクリームを塗布しながら
ゆりたんのためのマッサージも。
肝機能を良くするマッサージとツボ刺激。
肌の弱い子には肝機能を高めてあげるのが良いので。

ローションとクリームを塗って、2分程度のマッサージを終えたら、直ぐに…体をカキカキする仕草が消えました。
ホッ……としました。が、翌日…どうなってるかな。ここまで酷いとかなり不安。
少しでも楽になっててくれればいいなぁ…と
思いながら…就寝。

💛翌日のゆりあちゃん💛
f:id:smile2poo-y:20160118044324j:image

うっすらと後がまだ残っていました。
でも、殆どの赤く盛り上がった腫れやデキモノになり始めていた所も平面になって引っ込みました。

赤紫色に血が滲んだようになってたお肌が…
白く、綺麗なお肌に回復してきてました。
昨日の事が嘘のように。

昨日は、こんなだったのに…⬇︎
f:id:smile2poo-y:20160118044622j:image
夜寝る前にケアして次の日のお昼には
f:id:smile2poo-y:20160118044324j:image
ここまで回復しました。

そして、更にその次の日の《2日後》
f:id:smile2poo-y:20160118045443j:image
1日1回のケアで2日目には後さえも消えてしまったものもあり
大きく酷かった部分が薄っすら赤みを帯びてる状態になり、湿疹自体が殆ど無くなりました。
クリームとローションを塗って、毛がチリチリになっちゃったけど(^_^;)

私が、ゆりあちゃんを病院へ連れて行く見極めは、この翌日と2日目の程度で決まります。

ワンちゃんの1日は人間の3日。
1日を朝、昼、夜の3等分で考えます。
症状が回復していかない時は
病院へ行くと決めています。

でも、殆どの場合が、朝より昼、昼より夜…と回復へ向かってくれます。
なのでここまで良くなってたとしても
ユリアちゃんにとっては、2日目にしてまだ
この症状が残ってるということは
かなり酷いと判断します( ;  ; )

ワンちゃんが2日目を超えたら
人間の1週間です。そんなには悠長で居れません。
こんなに酷くて36時間《4.5日》ですから
もっと程度の軽いものなら、半日《1.2日》で治っています。

ワンちゃんは、治りも早いですが、悪くなる時も早いです。様子は、こまめに見なくちゃといつも思ってるのに、本当に可哀想な事をしてしまいました。大いに反省です。


ここからは余談ですが…ゆりあちゃんの肌荒れを通して、smile2pooのことを。


ゆりあちゃんは、ボーダーラインを超えた時には、病院から《ヒビクス》…という軟膏と飲み薬も時には出してもらって飲ませます。
塗り薬は、副腎皮質系の強い塗り薬で
塗れば、殆ど数時間で肌が綺麗になるという、凄いお薬なんです。

だから、副作用もそれだけ強いし、それに慣れてしまうと、それじゃ無いと治らない…
それを使ってもなかなか治らない…
…みたいな事になるのを避けたいので
少しでも強いお薬を使う回数を減らして
いきたいと思っています。

でも、むやみにお薬減らしたい、負担を減らしたい…と病院のお薬を嫌うのは
それも、問題あり…と思います。

私達だって…長いこと頭が痛かったら
無駄に体力消耗しますし
長いこと我慢してること自体が
返って負担だったりしますよね?

体に湿疹や蕁麻疹が出来て、強いお薬嫌だから…って痒いのをずっと我慢してることの方が、不要な不快感と体力を奪いますよね?

私達は、軽い風邪なら、ドラックストアーで市販薬を買って飲んで、栄養と休養を取って

それでも治らなかったら病院へ行こう…的な事しますよね。
それと同じように、ワンちゃんの事も対処して上げれたら良いな…と私は思っています。

家庭で対処。病院で対処。
今回のこの状態はどっちかな?
ここまでまは家庭で、ここからは病院で…と

そこの見極めを、わんちゃんは自分で病院へ行かれないので、遅れてしまうことで、返って苦しい思いをさせないように…気をつけながら…

でも、必要以上に強いお薬や病院へ行く回数を増やさなくても済むように…

上手に民間療法と医療を使い分けて、活用して行ければ良いんじゃ無いかな…と思っています。

そんな風に考える飼い主様のために
メディカルホームケアがお役に立てばいいな…と思っています。

そして、アレルギーで胃腸が弱くて年に数回血便をしたり大腸炎になるテディ君を良くして上げたくて始めた手作り食や薬膳。

同じくアレルギーで肌がとってもデリケートで弱いゆりあちゃんを少しでも楽にして上げたくて始めた手作り石鹸やアロマケア。

我が子たちを何とかしたい…という一心で始めた色々な事が結束して
そして沢山の優しい方々のお世話になって《smile2poo》は生まれました。